【楽天銀行の開設】どのカードで申し込みをする?

楽天経済圏

楽天銀行の開設をしようと思い、手続きを進めていく際に迷ったことがあります。

それは、どのカードを作ればいいか、ということ。

最短3分で申込完了??いやいや、3分じゃ到底無理でしょー!!って思いました。

楽天銀行を開設する際にオススメなカードは、基本「デビット機能付きキャッシュカード」

その理由と、楽天銀行開設の際に発行できるカードの違いを説明していきます。

楽天銀行開設時に選べるカードは4種類

楽天銀行開設時に発行できるカードは以下の4種類です。

  1. デビット機能付きキャッシュカード
  2. クレジットカード一体型キャッシュカード
  3. プリペイドカード
  4. キャッシュカード

プリペイドカードとキャッシュカードは、なんとなくイメージがつくと思うので、デビット機能付きとクレジット機能付きの違いを、次に述べていきます。

デビット機能付きキャッシュカード

口座からお支払いをしたその場で、即時引き落としされるカードとなります。

クレジットカードがは、後日引き落としされるのに対し、デビットカードはその場で引き落としされるので、

口座の残高以上、使いすぎる心配がありません。

楽天カードをすでに持っている方も、このデビット機能付きキャッシュカードの申し込みは可能です。

またデビットカードの支払いでも、楽天ポイントも100円で1ポイント付きます。

クレジットカード一体型キャッシュカード

クレジット機能と、キャッシュカードが一体となっているものです。

すでに楽天カードを持っているは、クレジットカード一体型キャッシュカードの発行はできません。

もし、クレジットカード一体型キャッシュカードにしたい場合は、新規発行ではなく「楽天銀行カードへの切替」の手続きを楽天e-NAVIする必要があります。

楽天カードを持っている場合、デビット機能付キャッシュカードを申し込むと、カードを2枚持つことになるので、1枚にまとめたい、と考えている人は、切替手続きがいいと思います。

デビット機能付キャッシュカードがオススメな理由

新規で楽天銀行の口座を作る場合、口座登録や入金だけで、楽天ポイントを付与されるサービスがあります。

これが、デビットカード機能付キャッシュカードのみ、適応されることが多くあります。

まとめ

すでに楽天カードを持っていると、楽天銀行を開設する際に、どこカードを作るか、迷う場合もあると思います。

楽天カードとデビット機能付きカードとの、併用は可。

もし2枚持ちが嫌だと感じるのであれば、楽天カードを「クレジット一体型キャッシュカード」に切り替えて続きをする形になります。

楽天銀行の開設で戸惑った場合、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました