独身と変わらない結婚生活。多様化する結婚のあり方「共生婚」とは

婚活・結婚

独身率の割合は、年々増加傾向にあり、

50歳時の未婚の割合は、男性約23%、女性約14%になっています。

(国立社会保障・人口問題研究所、人口統計資料集2020より)

独身でいる理由は人それぞれだと思いますが、

共同生活は窮屈に感じるけれど、何かあったときに支え合えるパートナーは欲しいと考えている人もいると思います。

そんなときに「共生婚」という言葉を知りました。

共生婚とは、どういった結婚スタイルなのか、共生婚に向いている人、をまとめてみました。

共生婚とは

一緒の住まいで別々のライフスタイル

正式に入籍して住まいは一緒ですが、部屋や食事、お金の管理などは別々で行うスタイルの結婚生活です。

共同生活を送るというよりは、各々のライフスタイルを確立し、お互いに干渉しない程よい距離感でいることができます。

男女関係というより異性の友情関係

2人の信頼関係の上で成り立った「異性の友達」のような関係です。

大切な存在だし、尊敬もできる。でも男女関係とはちょっと違う。

そしてお互いのライフスタイルに干渉しない。

肉体関係の有無はそれぞれだと思いますが、基本フラットな友達のような関係性です。

何かあったときは支え合う

保険金の受取、手術の身寄書など、何かあったときにはお互いに支え合う。

だからこそ共生婚であっても、本当に信頼し合える相手、大切に思う相手である必要があります。

共生婚に向いている人

異性の友情関係もありと考える

仕事や趣味を充実させているので、同性だけでなく異性との繋がりも多いと思います。

相手がどういった交友関係があるか深く考えない。

基本1人が好き

誰かに干渉されることが嫌、自分の時間やお金を大切にしたい、という価値観を持っています。

相手に依存しない

相手が何をやろうが、相手は相手、自分は自分、と割り切れることが大切です。

相手に「何かして欲しい」と思っても、こういった関係性では返って来ないことが多いです。

まとめ

一見クールに見えますが、本質的には信頼関係で繋がっていること、これが共生婚に必要なことだと思います。

そして、共生婚は今後増えていく結婚のあり方になりそうです。

基本は1人でやれる。でも何かあったときは協力する。

人生の選択の仕方が多様化している今、「血縁関係重視」以外の結婚も一つの選択肢だと思います。

独身でいることや、子どもを持たないことに対する、周りの目もあると思いますが、どのような人生を歩むか、どういった人生が心地いいか、は人それぞれです。

誰かにとやかく言われようが、自分が思う道を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました